So-net無料ブログ作成
検索選択

富士山 防げ登山事故 山小屋と気象会社、情報共有し予報(毎日新聞)

 富士山(3776メートル)の山梨県側にある全16の山小屋が登山事故を避けるため、民間の気象会社と提携し、雷や強風などの気象情報を山小屋や所属するガイド間で共有することになった。山開き後の7月5日から運用する。【藤野基文】

 これまでの安全対策は山小屋やガイドの個別の取り組みにとどまっていた。しかし、09年7月に北海道・トムラウシ山(2141メートル)でツアー客ら8人が遭難死した事故を受け、全山小屋で情報共有の取り組みを強化することにした。

 情報を提供するのは、山岳気象で定評のある「メテオテック・ラボ」(川崎市)。豊富な登山経験のある気象予報士、猪熊隆之さん(39)を中心に、24時間態勢で対応する。

 ガイドらが、希望する時間帯の予報を電話で問い合わせると、同社が10分以内を目安に全山小屋とガイドの携帯電話アドレスにメールで一斉配信する。猪熊さんによると、気象庁などの情報に、問い合わせ時にガイドらが伝えてくる現在地の天気の情報を加えることで、きめ細かい予報が可能になるという。

 富士山では01年と08年、いずれも東京都内の男性が登山中に落雷で死亡する事故が発生した。猪熊さんは「雷以外に、歩くことができなくなる平均風速20メートル超の風が夏場も発生する」と指摘する。

 8合目にある山小屋「太子館」の若主人兼ガイド、井上義景さん(30)は「経験や通常の気象情報だけでは予測できないことが多い。大丈夫と思ってツアーを進め雷に襲われたこともある。この取り組みで安全な登山を徹底したい」と話す。

 環境省によると、夏山シーズン(7〜8月)には毎年20万〜30万人が8合目以上まで登っているが、半数以上が山梨県側の吉田口登山道を利用している。

【関連ニュース
富士山:青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分
富士山
富士登山競走:参加過去最高の5464人−−来月23日開催 /山梨
富士山:世界文化遺産登録 4湖の規制例「文書に」−−富士河口湖町長 /山梨
追跡・発掘:富士山世界文化遺産登録 「規制強化」に強い警戒心 /山梨

<敦賀原発>1号機原子炉停止へ 冷却水漏れで(毎日新聞)
北朝鮮へ化粧品不正輸出、商社社長ら逮捕 兵庫・山口両県警(産経新聞)
「うるさくて嫌だった」殺人未遂容疑で逮捕の生徒、清心女子高で生徒刺され重体/横浜(カナロコ)
隣席は組長の妻?知るわけない、とサッチー提訴(読売新聞)
<北教組違法献金>小林議員が衆院議長に辞職願、許可される(毎日新聞)


2010-06-18 13:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。