So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<置き去り>生後間もない女児が玄関先に 東京・大田(毎日新聞)

 30日午前7時40分ごろ、東京大田区大森西2の民家の玄関先に生後間もない女児が置き去りにされているのを、この家の主婦が発見し、夫が119番通報した。女児は病院に搬送されたが、けがはなく、元気だという。警視庁大森署が保護責任者遺棄の疑いで、女児の親の行方を捜している。

 大森署によると、女児はへその緒がついたままで、体はきれいに洗われていた。セータータオルケットに包まれていたが、身元を示すものはなかった。【前谷宏】

【関連ニュース
押尾学被告:女性死亡で無罪主張の方針 弁護人が会見
押尾学容疑者:保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に
押尾学被告:保護責任者遺棄容疑で再逮捕
押尾容疑者:知人女性死亡で再逮捕へ 保護責任者遺棄容疑
押尾学容疑者:中毒死した女性での立件目指す 警視庁

充電器マルチ NPO運営、信用高める 逮捕の幹部ら 被災者支援PR(産経新聞)
政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相(時事通信)
農家男性に婚活の場、合コン毎月開催へ(読売新聞)
桜開花予想 都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に(毎日新聞)
<死体遺棄容疑>京都の講師殺人 新たに37歳の男を逮捕(毎日新聞)



4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)

 改正臓器移植法の一部施行に伴い、新たに臓器提供の意思表示をした人の約4分の1が親族への優先提供を希望していることが分かった。25日開かれた厚生労働省臓器移植委員会で報告された。
 17日に一部施行された同法は、第三者への臓器提供意思に併せて、実の親子、配偶者に優先提供する意思を表示できるとし、意思表示は基本的に日本臓器移植ネットワークのコンピューターシステムへの登録で行う。
 優先意思の登録受け付けは15日から開始。24日までに新たに臓器提供意思の登録をした人は約700人で、うち約170人が親族優先を希望した。 

【関連ニュース
86例目の脳死移植実施
85例目脳死移植を実施=大阪大など5病院
84例目脳死移植実施=85例目、長野で準備
84例目の臓器移植へ=40代女性が提供
提供目的の自殺防止盛り込む=改正臓器移植法ガイドライン

<神経細胞>皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
飛び降り死は18歳少年=万引き容疑、逃走中屋上から−大阪(時事通信)
「朝青龍に殴られた」被害者が警視庁に相談 被害届は出さず(産経新聞)
喜多方市長選 山口信也氏が初当選(毎日新聞)
28日に介護ロボットの実演会―全国老施協が市民フォーラム(医療介護CBニュース)



「小沢先生へ 畳の部屋」=4億円返済、手帳に記載−元秘書、捜索で押収・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、元私設秘書池田光智容疑者(32)が「小沢先生へ 畳の部屋」と、2007年に小沢氏宅へ4億円を運んだ状況を記した手帳を、東京地検特捜部が押収していたことが22日、関係者の話で分かった。
 池田容疑者は、この4億円を陸山会の口座から引き出したのに、同会の収支報告書に記載しなかったことを認めているが、小沢氏の関与は否定。特捜部は23日に行われる事情聴取で、虚偽記載についての小沢氏の認識をただすとみられる。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

陸山会土地購入 石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」(毎日新聞)
【KANSAIハヤ耳】農事組合法人「ラッテ・たかまつ」 古代の乳製品「蘇」(産経新聞)
<松浦市長選>友広郁洋氏が再選(毎日新聞)
子供たちのあいさつ運動始まる(産経新聞)
わいせつDVD 販売容疑で元組幹部ら逮捕へ 愛知(毎日新聞)



普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)

 平野博文官房長官は21日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先をめぐり、政府が5月末までに結論を出す方針を示していることについて「(5月には)地元、米国と交渉し、日本政府としてはこう考えるというところまで起案できる状態だ」と述べ、日米交渉の最終決着は6月以降に遅れる可能性があるとの考えを示した。

 鳩山由紀夫首相は昨年12月、「日米の中でも、5月という目標設定の中で最終的な結論を出す」と話しており、日米交渉妥結の目標時期について政府内で早くもずれが生じた格好だ。

 平野氏はまた、キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案に関し、「(仲井真弘多(ひろかず))沖縄県知事は合意していると私は思っていない」と指摘。仲井真氏がキャンプ・シュワブ沿岸部に代替基地建設を容認しながらも、滑走路を現行計画より沖合に移動させることを条件としていることをさして、現行案に合意していない−との認識を示した。

 また、政府と社民、国民新両党による実務者レベルの「沖縄基地問題検討委員会」について、各委員が1月末までに持ち寄ることになっていた移設先案は2月以降にずれ込む可能性があると指摘した。

【関連記事】
社民のグアム調査団難航、米側が受け入れ拒否
下地島移設反対を可決 宮古島市議会、官房長官視察に不快感
米国務次官補、普天間問題で2月に訪日
自民・石破氏「米側は普天間移設で鳩山政権に強い懸念」
日米安保50年 普天間決着し空洞化防げ

爆破予告で入間市立小中学校27校休校!(スポーツ報知)
「平和、人権、環境を尊重」=日教組教研集会が終了−山形(時事通信)
<訃報>島田隆夫さん86歳=元鉄建建設副社長(毎日新聞)
小沢氏23日聴取「潔白証明へ強い意志を」…首相(読売新聞)
「平和、人権、環境を尊重」=日教組教研集会が終了−山形(時事通信)




-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。