So-net無料ブログ作成

夕張市 カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)

 夕張市は26日、現行の財政再建計画を引き継ぐ財政再生計画案を市議会行政委員会に報告した。07年の財政破綻(はたん)以後、赤字返済は順調なものの、人口流出に歯止めは掛からず企業誘致も低調。産業廃棄物最終処分場の建設計画をめぐって市の判断が揺れるなど、マチ再生の行方は見えてこない。【鈴木勝一、高山純二】

 深い雪に覆われている工業団地「夕張緑陽団地」(8ヘクタール)。所有する独立行政法人・中小企業基盤整備機構北海道支部は07年度から、販売価格を9割引きにし、1平方メートル当たり214〜301円とするセールを始めた。企業関係者が「小遣いで買える」と驚く激安価格だ。

 しかし、既存の進出企業が拡張を決めたほか、別の1社が土地を購入しただけで、約5割は売れ残ったままだ。「工業団地の分譲は、景気悪化でどこの地域も厳しい。企業から問い合わせはあるが、契約までは結びつかない」。支部の担当者は顔をしかめる。

 ◇「花畑牧場」効果も薄く

 夕張では09年4月、生キャラメルがヒットした「花畑牧場」(田中義剛社長)が進出。今年10月には漢方薬メーカー「ツムラ」の加工・保管場が完成予定になっているが、衰退の歯止めにはなっていない。2月1日現在の人口は1万1328人。破綻後の3年間で約1000人が減った。25年までに約7300人に減少すると試算されている。

 マチ衰退に危機感を抱く夕張商工会議所は08年6月、産廃や放射性廃棄物処分場、カジノ、陸自演習場などの誘致を市に提言。藤倉肇市長は否定的な見解を示しているものの、商議所はカジノ誘致には可能性があるとみている。小網敏男専務理事は「迷惑施設と言われるものでも『起死回生』に必要だと考えた」。

 産廃処分場は、メロン農家の廃ビニールや、工事現場から出る金属、ガラス、コンクリートなどを同市紅葉山に処分する計画。藤倉市長は当初、建設の許認可権を持つ道に条件付き賛成の意見書を提出したものの、市民団体の反対活動などを受けて異例の再意見書を出し、反対に転じた。市は「安全性を考えた判断」と説明する。

 「企業や国に『おんぶに抱っこ』の姿勢では、企業誘致もうまくいかず、人口流出も止まらない。農家のおれたちには作物があるから夕張を捨てられないけど、(農家以外の人が)マチを離れる流れはなかなか変わらないんじゃないか」。40代の農業男性はつぶやいた。322億円の赤字を17年間で返済することを目指す財政再生計画案。計画達成の道のりは遠い。

【関連ニュース】
高砂の産廃施設計画:町にふさわしい? あす高砂で住民投票を考える集会 /兵庫
沖縄市:産廃立地制限へ 施設集中に歯止め
産廃:08年度最終処分、03年度比36%減の14万4000トン /山梨
産廃許可取り消し:春日井の施設、臭気指数基準値超え 3度の検査でも未改善 /愛知
県産廃処分場計画:反対派住民らが知事室前で抗議 /鹿児島

人気上昇前原国土交通相の危うさ JAL迷走、カッコつけトヨタ批判(J-CASTニュース)
<共産党>町田、日野市議選で全員当選…地方選で健闘(毎日新聞)
<国民新党>選対本部長に下地幹郎氏 政調会長に森田高氏(毎日新聞)
太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ(産経新聞)
「再び教壇へ」男性教諭に肝移植を=支援者らが募金呼び掛け−岐阜(時事通信)



AEDの不具合疑い328件=01年以降で−消防庁調査(時事通信)

 全国の消防本部が使った自動体外式除細動器(AED)がうまく作動せず、機器の不具合が疑われるケースが2001年以降で少なくとも328件あることが19日、総務省消防庁などによる初の調査で分かった。AEDは心肺停止状態の傷病者に対する救命活動で使用するが、これらの事例と傷病者の容体変化に因果関係があったかどうかは不明という。
 機器本体の不具合だけでなく、使用方法や管理上の誤りがあった可能性もあり、厚生労働省の専門研究班が現在分析作業を進めている。今年度中に結果をまとめる予定で、機器の不具合が判明すれば、製造業者への自主回収指示などの対策を講じる考えだ。 

郵便不正 凛の会元会長に1年6月求刑 大阪地裁 「口添え依頼など役割重大」(産経新聞)
飲酒運転で懲戒免職、元教諭の処分取り消し確定(読売新聞)
<津山市長選>宮地氏が初当選 岡山(毎日新聞)
<駅伝大会>走りでブルンジ難民支援 瀬古、有森さんら快走(毎日新聞)
「丹波竜」発掘調査で恐竜の卵の殻?を発見 兵庫・丹波市(産経新聞)



<雑記帳>エゾシカ、列車に追われてトンネルに(毎日新聞)

 23日午前10時ごろ、北海道上川管内南富良野町のJR根室線金山−東鹿越(しかごえ)駅間の空知トンネル(約2.3キロ)内にエゾシカ2頭が侵入、富良野発帯広行き快速列車(1両編成、乗客8人)が約1時間遅れた。

 シカは当初トンネルの約3キロ手前にいたが、辺りが雪の壁のため、列車に追われてトンネル内にまっしぐら。しかし、シカは走り疲れたのか、たびたび線路上にへたり込んだ。運転士が警笛を鳴らすと再び走り出すが、何度も停車を余儀なくされた。

 シカはトンネルから出た後、雪原へ無事脱出。JR北海道は「駅名のように、シカはよく線路を越えているが、トンネル越えはめったにない」と困惑。【内藤陽】

【関連ニュース】
雑記帳:エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援
試食会:捕獲シカで猟師料理 販路なく苦肉の策−−北川町商工会 /宮崎
ホンシュウジカ:日中の市街地に−−釜石 /岩手
神鍋高原もみじ丼:シカ肉と地元野菜を特製たれで あす「冬まつり」で販売 /兵庫
シカ:もシカしてシロ 撮影に成功、神の使い!?−−上郡 /兵庫

小沢幹事長進退が再浮上か 長崎と町田で民主系候補惨敗(J-CASTニュース)
<自民党>舛添、菅、塩崎氏ら勉強会発足 政界再編含み?(毎日新聞)
わずか1分で電車進入…高円寺駅の女性救助劇(読売新聞)
新型インフル向けの枠組み創設=予防接種法改正へ提言−厚労省審議会(時事通信)
「発言、信ぴょう性欠ける」=元朝青龍関問題で中間報告−相撲協会(時事通信)



小沢氏「自民・青木氏は時代的役割終えた」(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は21日、松江市で記者会見し、夏の参院選について「2、3(選挙区)は残るかもしれないが、来週早々にできるだけすべての候補者を決定し、党として選挙態勢に入りたい」と述べ、3月1日の常任幹事会で第1次公認を決めて選挙準備を本格化する方針を明らかにした。

 また、参院選島根選挙区(改選定数1)に元地元民放アナウンサーの岩田浩岳氏(34)を擁立することを正式に発表した。小沢氏は、同選挙区で5選を目指して出馬する自民党の青木幹雄・前参院議員会長(75)について「時代的役割は終えた。自民党体制、旧体制を代表する人だ」と述べ、同選挙区について「最重点選挙区として支援態勢を組む」と語った。

 自身の資金管理団体を巡る事件については「候補者が決まれば全国を行脚するつもりだ。疑問があれば答えていきたい」と述べるにとどめた。

<与謝野元財務相>債務残高増大、民主党も責任取って(毎日新聞)
「グリー」で呼び出し少女乱暴、容疑で組員逮捕(読売新聞)
東大寺 法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ(毎日新聞)
減収深刻な大阪府予算、“橋下流”改革も限界に(産経新聞)
訃報 藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」(毎日新聞)



アダルトサイト振り込め詐欺で6人を逮捕 奈良、鹿児島両県警(産経新聞)

 アダルトサイトの利用料金が未納などとうその電話をかけて現金をだまし取ったとして、奈良、鹿児島両県警は18日、詐欺容疑で東京都板橋区の自称会社員、宮川嘉隆(33)と鹿児島県奄美市の無職、石渡博文(43)=別の詐欺罪で服役中=の両容疑者ら6人を逮捕した。奈良県警によると、6人はいずれも容疑を認めているという。

 奈良県警は、押収した通帳などから、被害者は和歌山県をのぞく全国46都道府県の約400人、被害総額は計約6千万円にのぼるとみている。

 逮捕容疑は平成20年5〜8月、東京都や佐賀、新潟両県の18〜40歳の男女4人の携帯電話に「あなたが登録されたアダルトサイトの利用代金が未納となっている」などとうその電話をかけ、それぞれ10万8千〜30万5千円を銀行口座に振り込ませるなどして計約86万円を詐取したとしている。

 奈良県警によると、宮川容疑者らは携帯電話のアダルトサイト上にバナー広告を掲載。クリックした人の電話番号が自動的に宮川容疑者らのパソコンに登録されていたという。県警は宮川容疑者がまとめ役で、石渡容疑者が電話番号を管理、他の4人が電話をかける「かけこ」役だったとみている。

【関連記事】
「赤西さん連絡先教える」とうそ 現金詐取容疑の女を逮捕
振り込め詐欺が再燃 栃木で今年すでに13件、架空請求が急増
振り込め詐欺グループ11人を逮捕 被害総額数億円か
出会い系で在日女性誘拐 言葉巧みにおびき出す
指落とすか金積むか 恐喝容疑で組員ら3人逮捕

AA→A→評価なし タクシー会社格付け 全国で導入(産経新聞)
ポンペイ島の生活習慣病 ラグビーで防ごう 武蔵野から交流団派遣(産経新聞)
ブランド買取店に強盗、170万奪われる 兵庫・宝塚(産経新聞)
自民、派閥解消を検討…「古い党の象徴」(読売新聞)
<脱税>マッコリ輸入卸業者を在宅起訴 2年で4400万円(毎日新聞)




小学館社長かたり女子大生だます=容疑で41歳男逮捕−警視庁(時事通信)

 大手出版社「小学館」(東京都千代田区)社長をかたってモデルにスカウトすると偽り、女子大生から約20万円をだまし取ったとして、警視庁高輪署は19日までに、詐欺容疑で、住所不定、無職中田佳明容疑者(41)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「生活費のためにやった」と供述。昨年12月以降、20歳前後の女性4、5人から計数百万円をだまし取った疑いがあるとみて調べている。
 逮捕容疑は先月中旬、渋谷区神宮前の路上で、同社社長と偽って世田谷区の女子大生(19)に「モデルになる気はないか」と声を掛け、「きょうは僕の誕生パーティーがある。君も参加しないか。会場でプレゼントをくれ」と言い、現金約20万円と高級ブランド「ルイ・ヴィトン」の財布(販売価格約10万円)を詐取した疑い。 

【関連ニュース】
最新サイバー攻撃、世界2800カ所に=東欧犯罪集団が中国経由で?
振り込めグループ6人逮捕=46都道府県、400人被害か
「パチンコ必勝法教える」と詐欺容疑=全国で被害5000万円か
元秘書逮捕「大変遺憾」=みんな・山内氏
山内衆院議員の元秘書逮捕=支援者から3000万円詐取容疑

松江で民家7棟全焼、女性遺体を発見(読売新聞)
48歳男、17日に再逮捕=強盗殺人や死体損壊など4容疑で−千葉大生殺害(時事通信)
新幹線ホームから線路侵入、歩いた女は黙秘(読売新聞)
<無免許>9年近く公用車運転 札幌市職員を懲戒(毎日新聞)
首相動静(2月19日)(時事通信)



<集団密航助長>元NPO理事長に逆転無罪…ほう助のみ有罪(毎日新聞)

 ミャンマー国籍の女性を集団密航させたとして、入管法違反(営利目的集団密航助長)などに問われた小舟日出雄・元NPO法人理事長(70)に対し、東京高裁(門野博裁判長)が1月、集団密航助長について逆転無罪判決を言い渡していたことが分かった。虚偽理由での在留期間更新を助けたとする同法違反ほう助のみ有罪とし、懲役1年、執行猶予3年、罰金100万円を言い渡した。この判決は確定している。

 小舟元理事長は、知人らと共謀して07年4月、うその日本語学習証明書などを使ってミャンマー国籍の女性4人に不正に在留資格認定証明書や査証の交付を受けさせ、不法入国させたなどとして起訴された。1審・東京地裁は09年3月、起訴内容すべてを有罪認定し懲役2年6月、罰金250万円の実刑判決を言い渡した。

 控訴審で小舟元理事長は、集団密航助長について一転して無罪を主張。高裁判決は「小舟元理事長は意図を知らされないまま、受け入れ態勢を作ったに過ぎない。共謀は認められない」と指摘。弁護人は「ずさんな捜査で逮捕、起訴された」と話した。【銭場裕司】

【関連ニュース】
アパート放火:「自白の信用性に疑念」と大阪地裁無罪判決
覚せい剤所持:名古屋地裁が無罪判決 第三者の可能性指摘
痴漢:愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」
伊那の公用文書毀棄:女性被告、無罪判決確定へ /長野
無罪判決:被告に「責任能力なし」−−名古屋地裁

【党首討論】「窓口で確定申告したことはない」鳩山首相(産経新聞)
振り込め詐欺で顔写真公開=1億2000万引き出しか−15日に集中警戒・警視庁(時事通信)
「事件への加担、強要された」=年下の無職少年供述−3人殺傷、宮城・石巻(時事通信)
「6カ国」再開へ連携確認=外国人地方参政権に期待−韓国外相(時事通信)
山スキーの4人発見、自力下山=1人は病院へ−長野県警(時事通信)



<スキー事故>客同士が衝突 1人死亡、1人重傷 北海道(毎日新聞)

 14日午前10時ごろ、北海道赤井川村のスキー場「キロロスノーワールド」で、スキーをしていた名古屋市千種区猫洞通1、無職、小島泰則さん(67)と、神奈川県藤沢市宮前、会社員、中谷俊彦さん(53)が衝突した。小島さんは頭を強打し小樽市の病院に運ばれたが間もなく死亡、中谷さんも頭の骨を折る重傷を負った。北海道警余市署によると、現場は中級者向けの長峰第2Aコース。【大谷津統一】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕
交通事故:雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原
交通事故:テレビ朝日の富川アナ、バイクに追突
交通事故:原付きバイクと乗用車衝突 中学生3人重傷
衝突:婚約の2人死亡1人重体1人軽傷 秋田の実家帰省中

石川衆院議員、辞職も離党もせず…記者会見(読売新聞)
無修正わいせつDVD販売店を一斉摘発、16万9千枚押収 大阪府警(産経新聞)
情報求め支店前でチラシ配布=府中の信金職員刺殺から5年−警視庁(時事通信)
訃報 山口安次郎さん105歳=西陣織職人(毎日新聞)
仁和寺の「御室桜」を守ろう=苗木増殖に成功−住友林業(時事通信)



首相、解党時の寄付禁止に前向き=辞職決議「議論の必要ない」−衆院予算委(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日午後、衆院予算委員会で行われた「鳩山内閣の政治姿勢」に関する集中審議で、解散を決めた政党による政党交付金の寄付を原則禁止する政党助成法改正について「民主主義のコストを国民に負担いただいており、使い道は適正を期さないといけない。見直しは十分あり得べきだ」と前向きな考えを示した。公明党の大口善徳氏への答弁。
 小沢一郎民主党幹事長が党首を務めた旧自由党が解党時に、政党交付金を関連する政治団体に寄付。これについて自民、公明両党は「国庫への返納逃れ」と批判し、両党は共同で改正案を今国会に提出している。首相発言を受け、助成法改正への機運が高まる可能性がある。
 首相はまた、小沢氏の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で起訴された石川知裕衆院議員の辞職勧告決議案の扱いについて「議論をするべきではないと言う必要もない話だ」と答弁。同時に「国会で決めてもらう筋合いのものだ。行政の長としてはそれ以上のことを申し上げる立場ではない」とも述べた。 

岡田外相、改めて「5月中に結論」 米上院議員と会談(産経新聞)
自殺社員の鬱病、日通に賠償命令(産経新聞)
鳩山首相、選択的夫婦別姓「私は賛成」(産経新聞)
鳩山首相 エストニア首相と会談 把瑠都関の活躍に祝意(毎日新聞)
「梅の使節」が亀戸に春をお届け(産経新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。