So-net無料ブログ作成
検索選択

日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)

 参院は26日午前の本会議で、日銀政策委員会審議委員に森本宜久・元東京電力副社長を、原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹・東大大学院教授をそれぞれ充てるなど、政府が提示した8機関32人の人事案について採決、与党などの賛成多数で衆院に続き同意した。これを受け、近く正式任命される。

 また国主導で進めた「平成の大合併」を打ち切り、自主的な合併支援へと軸足を移す改正市町村合併特例法が可決、成立した。4月1日施行。

【関連記事】
3月の日銀月報 設備投資、住宅など明るい兆しを指摘
1兆6千億円を供給 日銀、追加緩和で
「日銀はインフレ・ターゲットを進化」2月政策決定会合の議事要旨
政府・日銀一体を“演出” 効果乏しく、内実は“同床異夢”
「ミラクルはない。粘り強くやる」 日銀総裁、デフレ脱却で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

首相、郵政改革法案は「来週火曜に結論」(産経新聞)
小沢氏会見要旨(産経新聞)
<キレる児童>指導法を記述 文科省解説書案(毎日新聞)
「閣僚は国務に専念を」=小沢氏(時事通信)
普天間県内案、閣内で阻止 社民・阿部氏、離脱否定(産経新聞)



家族3人殺害、女に無期判決=責任能力認める−さいたま地裁(時事通信)

 埼玉県熊谷市の自宅に放火し、両親と長男の3人を焼死させたとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた無職、斉藤綾被告(29)の判決が25日、さいたま地裁であり、傳田喜久裁判長は「生命の尊厳を全く顧みず、とうてい許されない」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 弁護側は、斉藤被告が当時心神耗弱状態にあったと主張したが、裁判長は「犯行の際の記憶が保持されている」などとして、被告に責任能力があったと認定した。 

司法試験合格「年1千人に減を」 兵庫県弁護士会、西日本初の決議(産経新聞)
<強風>杉の木が倒れ石灯ろう壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
皮肉?中井国家公安委員長、北教組の資金提供「うらやましい」(産経新聞)
ひき逃げ容疑で会社員逮捕=路上に男性横たわり、死亡−警視庁(時事通信)
爆発 幕末「池田屋」跡地の居酒屋で 3人けが 京都(毎日新聞)



<長谷川等伯展>29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)

 東京国立博物館で2月23日から3月22日まで開かれた「没後400年 特別展『長谷川等伯』」(毎日新聞社、NHKなど主催)には会期中、29万2526人が訪れた。国宝の「松林図屏風(びょうぶ)」や「楓図壁貼付(かえでずかべはりつけ)」など、桃山絵画の巨匠の長谷川等伯(1539〜1610年)の代表作が一挙に展示され、会場には連日多くの人々が詰めかけた。同展は4月10日から5月9日まで京都国立博物館でも開催される。

【関連ニュース
長谷川等伯展:鳩山首相が鑑賞「迫力に非常に感銘受けた」
長谷川等伯展:来場者が20万人を突破 東京国立博物館
皇后さま:「長谷川等伯展」鑑賞 東京国立博物館
長谷川等伯展:1万3553人が訪れ、長蛇の列 東京
長谷川等伯展:入場者10万人を突破…東京国立博物館

遺体を取り違え 都監察医が解剖 警視庁誤搬送(産経新聞)
<郵政改革>亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判(毎日新聞)
インスリン事件 看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ(産経新聞)
愛子さま 天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)
介護疲れで殺人未遂の被告に逆転無罪 大阪高裁(産経新聞)



黄砂、九州から北海道にかけ観測(読売新聞)

 日本列島が強風に見舞われた21日、中国大陸から飛んでくる黄砂が、九州から北海道にかけて広範囲で観測された。

 気象庁によると、この影響で、同日午前9時現在、鹿児島市、奈良市、津市、静岡県御前崎市では、視界が2キロ未満まで低下している。視界が2キロに満たないと、小型航空機の運航に影響が出る可能性もある。

 このほか、大阪市や福岡市、高松市など、西日本を中心に視界が5キロ未満まで低下しており、洗濯物や車に砂の付着が目立つこともあるという。

 黄砂は同日午後にかけて更に広がる見込み。

桜と笑顔ほころぶ巣立ちの季節(読売新聞)
政宗の石垣工事指示書?も、史料2千点調査(読売新聞)
【ITエクスプレス】自転車用GPSナビが人気(産経新聞)
民主過半数阻止へ新党結成も…自民・園田氏(読売新聞)
<にっぽん丸>リニューアル公開 初のシングル専用客室も(毎日新聞)



小沢、与謝野両氏が会談!? 「連携の可能性」憶測呼ぶ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長と自民党の与謝野馨元財務相が18日、都内で開かれた国際草の根交流センター(ジョン万次郎財団)の理事会で顔を合わせた。

 与謝野氏は理事会終了後、記者団に、「社会事業やってますから。(小沢氏とは)全然、全然!」とけむに巻いた。しかし、出席者によると、5分遅れて到着した小沢氏に、隣にいた与謝野氏が「困ってますよ」と言うと、小沢氏は「大変だろう」と応じ、終了後には、共通の趣味である囲碁話題で盛り上がったという。

 両氏は平成20年秋に囲碁対局を行った。この直後に自民、民主両党の「大連立構想」が浮上したため、与謝野氏が水面下で当時の福田康夫首相と小沢氏とのパイプ役を果たしていたとみられた。

 与謝野氏は現在、新党結成を視野に入れ、党執行部の批判をしているのに対し、小沢氏は党内の一部から「政治とカネ」問題に絡み、幹事長職の辞任要求を突きつけられている。それだけに、理事会での接触は、「今後の連携の可能性を思わせる」(自民党若手)との憶測を呼んでいる。

 小沢氏は財団の会長、与謝野氏は副会長をそれぞれ務めている。

【関連記事】
来週にも谷垣−与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」
邦夫龍馬、結局「はぐれ鳥」…小池氏にラブコールも「論外」フラれ
小沢“敵失”にニヤリ 邦夫離党「戦わずして自民は自壊」
生方副幹事長、辞任拒否 「小沢氏は元秘書ら3人逮捕されているのに…」
小沢幹事長、鳩山邦夫氏との連携「全く考えず」
20年後、日本はありますか?

山内衆院議員の元秘書再逮捕=融資名目で4000万詐取容疑(時事通信)
高校無償化対象、文科相が判断=首相「国民が納得する結論を」(時事通信)
福島県で震度5弱(時事通信)
<敦賀原発1号機>運転開始40年に 国内初 想定期間超す(毎日新聞)
芭蕉の句は「氷の僧」か「こもりの僧」か (産経新聞)



6千万着服の幻冬舎元局長、懲役4年の判決(読売新聞)

 東京渋谷区の中堅出版社「幻冬舎」の預金を着服したとして、業務上横領罪に問われた同社元管理局長竹本和博被告(44)の判決が15日、東京地裁であった。

 稗田雅洋裁判官は「経理業務を統括する立場でありながら会社の信頼を裏切った」と述べ、懲役4年(求刑・懲役5年)の実刑を言い渡した。

 判決によると、同社の経理業務を統括していた竹本被告は、2008年10月〜09年3月、34回にわたって同社の預金口座から計6120万円を引き出し、馬券の購入などに充てた。

鳩山首相 「弟は弟」連携を否定 邦夫氏、離党で(毎日新聞)
河合誓徳氏死去(陶芸家、日本芸術院会員)(時事通信)
<国内空港>甘い需要予測…9割で利用実績が下回る(毎日新聞)
ドラマ撮影現場でAKB48の小道具盗む 高校生ら3人逮捕(産経新聞)
<高校無償化>衆院本会議で法案可決 4月実施へ(毎日新聞)



津波避難6.5%=公民館などでの確認数−チリ地震(時事通信)

 チリ大地震による津波で、避難指示が発令された9都道県53市町村の住民約49万3000人のうち、公民館や小学校などの避難所で確認されたのは6.5%の約3万2000人だったことが、総務省消防庁などのまとめで9日までに分かった。
 実際には避難所以外の高台などに逃げた人も多いとみられ、同庁は「今回のデータで住民避難率が一概に低いとはいえない」とし、避難行動の実態を調査している。 

<「捜査怠慢」訴訟>警視庁が上告の方針(毎日新聞)
萩原朔太郎 マンドリン曲がCDに 音楽家への思いが結晶(毎日新聞)
「着メロ」商標権に2550万円(スポーツ報知)
5月未決着なら内閣不信任案も=普天間移設で谷垣自民総裁(時事通信)
1月機械受注、3.7%減=基調判断は上方修正−内閣府(時事通信)



東京大空襲の夜、息子の壕を守り抜いた父(読売新聞)

 東京大空襲の夜、火の海となった東京の下町、江東区亀戸で、猛烈な炎に身をさらしながら、幼い息子の入る防空壕(ごう)を一晩中、守り抜いた父親がいた。

 一帯に約100あった小さな防空壕がほぼ壊滅した中で、生存者がいたのはこの壕を含む2か所だけだった。あれから65年となる10日、息子は供養会で、自ら遭遇した惨禍を語り継いでいくことを誓った。

 「ヒュー、ヒューとすごい音だった」。当時6歳だった二見欣三さん(71)は、うなる焼夷(しょうい)弾の音を今もはっきりと覚えている。

 大空襲が始まった1945年3月10日午前0時過ぎ。一家は、酒道具商を営む父親の博さんの先導で近くの土手に避難を始めた。目の不自由な母親が2歳の次女を、12歳の長男が5歳の長女をおぶり、欣三さんは9歳の三男と一緒に続いた。だが、逃げ惑う人波であふれる中、博さんが妻の手を引いて土手に着いた時には、長男らの姿は見えなくなっていた。

 博さんは慌てて自宅に戻ったが、炎上する家の前で見つかったのは一人で泣く欣三さんだけ。既に火の手が回り、土手に戻ることもできなかった。博さんは家の前の小さな防空壕に欣三さんを押し込むと、自分は外で側溝の水をトタン板ですくって壕にかけ続けた。

 「周囲は激しい炎がグルグルまわっていた」と欣三さんは思い起こす。

 防空壕には2か所の入り口があった。博さんは、炎の向きが変わるたび、濡(ぬ)らした布団で一方の入り口をふさいだ。片方を開けていたのは壕内の熱を逃がすためだ。

 博さんがやけどを負いながら外で壕を守る間、同じ壕に逃げ込んだ見知らぬ男女6人は「あなたのお父さんが外で守ってくれているのだから」と、代わる代わる欣三さんに覆いかぶさり、守ってくれた。

 夜が明けると、周囲には黒い遺体の山が並んだ。わずか20メートル先の土手に逃げた母親やきょうだいの計6人の行方は分からなかった。土手の前のどぶに、母親と同じ柄のねんねこ半纏(はんてん)が落ちていた。

 東京大空襲・戦災資料センターによると、下町は地下深く掘ると水が出るため、土を盛った小さな防空壕しか作れなかったという。亀戸にも6〜7人収容の小さな防空壕が約100か所あったとされるが、空襲後、町会役員として罹災(りさい)証明の発行に関与した博さんは「中で生存できたのは2か所だけだった」と語っていたという。大半が炎を避けようと入り口を全部ふさぎ、壕内で蒸し焼きにされてしまったためだった。

 博さんは1989年に88歳で死去。法事のたびに悔しそうにこう漏らしていたのを欣三さんは忘れられない。「俺は見知らぬ人を6人助けたが、家族6人を守れなかった」

 欣三さんは10日、当時山形県に疎開していた次男好一さん(75)と共に、供養会が行われた江東区の寺を訪れ、手を合わせ、こう語った。「戦争のない平和な世界を共有できるよう、次世代に語り継いでいきたい」

来年度から個所付け事前公表=菅財務相(時事通信)
<覚せい剤使用>光GENJI元メンバーに懲役2年求刑 (毎日新聞)
日の丸背負いパンの匠「金」取り パリ“職人五輪”神戸の西川さん出発(産経新聞)
<鳩山首相>「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす(毎日新聞)
看護職の教育内容でWGが経過報告―厚労省(医療介護CBニュース)



公邸改修費、鳩山首相は安倍元首相の2倍(読売新聞)

 政府は9日の閣議で、過去3代の首相が公邸に入居した際にかかった改修費などについて、安倍元首相は約222万円、福田元首相は約282万円、麻生前首相は約382万円だったとする答弁書を決定した。

 自民党の高市早苗衆院議員の質問主意書に答えた。

 政府は2月23日の答弁書で、鳩山首相の公邸入居に伴う支出は約474万円だったことを明らかにしている。

党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相(産経新聞)
富山大入試で出題ミス=医、薬学部「化学」で(時事通信)
田母神氏に出席見合わせ要請=統幕学校卒業式で防衛省(時事通信)
<元駐日米大使補佐官>「岩国で核保管」66年に3カ月以上(毎日新聞)
<4歳衰弱死>保護責任者遺棄容疑で両親逮捕 埼玉(毎日新聞)



練馬の朝摘みイチゴ、即完売(産経新聞)

 練馬区大泉学園町のJA東京あおばで6日、地元産のイチゴをPRする即売会が開かれ、用意されたイチゴ100パックは開始後約20分、イチゴを使った菓子なども1時間半ほどで完売した。

 地元の生産農家5軒とイチゴを使う和洋菓子店5軒が協力し、初めて開いた。この日朝に摘んだばかりという新鮮さが好評で、雨の中、販売開始前から100人以上の行列ができた。イチゴを加工したシュークリームや餅、発泡酒なども好調な売れ行きで、担当者は「夏にはブルーベリーで第2弾を企画したい」と2匹目のどじょうを狙っている。

ミニ模型、ストラップ…尼崎市バスのグッズが密かな流行(産経新聞)
流しびな 園児たちが願い事書き人工の川に 名古屋(毎日新聞)
首相動静(2月28日)(時事通信)
元銀行マン、中医協に新たな風を(医療介護CBニュース)
鳩山首相、協議機関「全党協力に期待」=企業献金禁止、今国会で結論を(時事通信)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。