So-net無料ブログ作成
検索選択

川崎汽船のタンカーが海賊に襲われインド洋沖で被弾(産経新聞)

 国土交通省に26日までに入った連絡によると、川崎汽船の子会社が実質所有するパナマ船籍のタンカー「ISUZUGAWA(イスズガワ)」号(15万9929トン)が、インド・ムンバイ東方沖のインド洋沖で、海賊とみられる不審なボート2隻に追跡され、船体後方のデッキに銃弾1発を受けた。

 国交省によると、同船が被害にあったのは、日本時間の25日午前11時15分ごろ。日本人の乗組員はおらず、インド人とフィリピン人船員計27人にもけがはなかった。追跡を受けた同船は速度を上げてジグザグ航行を続け、約1時間後には2隻を振り切った。

 同船は川崎汽船のパナマ子会社が所有しており、原油を積んでペルシャ湾から日本へ向けて航行中だった。

【関連記事】
米駆逐艦が海賊船撃沈 インド洋
中国軍将官が次々と大胆発言 存在感を主張?
中国のインド洋進出を警戒せよ
【軍事情勢】船出するアジアの海軍 虚しく響く東アジア共同体
川崎汽船のコンテナ船 海賊の襲撃受ける 負傷者はゼロ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

分散飼育でトキのヒナ誕生=全国で3カ所目−石川(時事通信)
<子宮頸がん>早期予防 島根県邑南町、中学生女子のワクチン接種を全額補助(毎日新聞)
<火災>「羽柴秀吉」さん経営のホテル 青森・五所川原(毎日新聞)
<赤ちゃん置き去り>大学病院トイレに 愛知・豊明(毎日新聞)
【新・関西笑談】さらば火の玉流(3)将棋棋士九段 有吉道夫さん(産経新聞)



【風】「輝ける人生」価値観さまざま(産経新聞)

 女性の「自立」を訴える勝間和代氏は、著書「結局、女はキレイが勝ち。」(マガジンハウス)の中で「女性が幸せになる秘訣(ひけつ)は専業主婦にならないこと」と訴える。想定外の離婚や死別を考えれば、自立できるだけの「経済力は必要」というわけだ。

 だが、当然ながら、生き方は人それぞれで異なる。勝間氏の主張に共感を得る人も少なくないだろうが、「輝ける人生」の価値観はさまざまだ。

 3人の娘を育て、昨年孫を授かったという神戸市の女性(50)は、専業主婦業には《向き不向きがある》と感じているという。《「〇〇ちゃんのおばちゃん」と呼ばれたり、社会とのつながりの少なさが苦痛になる人もいれば、家族の世話でこの上ない幸せを感じる人もいるのでは》と問いかける。

 女性は社会人2年目で結婚退職し、以来専業主婦を続けてきた。《私は器用ではないので、働いて子育て、家事をこなすことを目指さず、家で子供の側にいられることを主人に感謝して暮らすことを選びました》とうち明ける。

 《働いて、いつもきれいで自由な友人をうらやましく思うことも多々ありました》。けれど、女性のメールからは、自分なりの道を生きてきたことに対する充実感が見て取れる。

 この女性のような幸せを求めてか、最近若い女性の専業主婦願望が高まっているという。しかし、不況のもとで、家計を支えるために求職する女性も一方で増えている。厚生労働省の統計によると、平成21年の完全失業者数は、前年比で1・25倍(27万人増)の133万人に達した。

 主婦業にやりがいを感じる人がいれば、失意した人もいる。堺市の専業主婦の女性(39)は、ローンを組んで、私立大の看護学科に通い始めた。

 4歳になる娘の育児に夫の協力が得られず、《とてつもなく孤独で困難な作業だった》というこの女性は、《資格取得の野望には、離婚の希望も…》と明かし、自問するようにつづっている。

 《結婚と出産、仕事も手に入れ、自立もできたら、私はすべてを手にしたことになるのだろうか?》(奈)

<アカウミガメ>産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
<名寄市長選>ホテル・飲食業の加藤氏が初当選 北海道(毎日新聞)
もんじゅ運転再開可否を近く判断(産経新聞)
特別会計見直しに着手=首相が指示−刷新会議(時事通信)
円山動物園 ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 札幌(毎日新聞)



<制度改革>議論スタート 株式会社、農業参入促進など(毎日新聞)

 政府の行政刷新会議の「規制・制度改革に関する分科会」は14日、有識者による三つの作業部会のうち、農業とライフイノベーション(LI=医療介護など)の部会を開き、鳩山政権での規制改革議論が本格的に始動した。この日は6月に策定する経済成長戦略に反映させるための「重点検討項目」を協議し、株式会社の農業参入促進などが浮上した。

 同分科会は、3月末に設置期限が切れた「規制改革会議」の後継組織。枝野幸男行政刷新担当相は「消費者側、ユーザーの観点からの規制改革」を掲げ、分科会メンバーの有識者らが省庁の担当者と公開の場で議論する「事業仕分け的手法」も必要に応じて実施する方針だ。分科会長の大塚耕平副内閣相や会長代理の田村謙治内閣府政務官らが裁定を下し、「政治主導」によるスピーディーな議論を目指す。

 一方、野党時代の民主党は小泉政権下の規制緩和路線に批判的で、タクシー業参入の要件緩和などを「行き過ぎ」と批判してきた。こうした経緯から、枝野氏は分野によっては規制を強化する考えも示唆している。

 14日に開かれた農業とLIの両部会では、検討テーマをそれぞれ30〜40項目程度に絞り込んだ。いずれも3〜5件を、6月までに一定の結論を得る重点項目とする方針。農業では、農業生産法人の要件緩和を通じた株式会社の農業参入促進、LIでは一般用医薬品のインターネット販売などを選定する方向だ。

 残るグリーンイノベーション(環境エネルギー)の部会も15日に開かれ、太陽光発電など再生可能エネルギーの導入促進に向けた規制の見直しが話し合われる。【影山哲也、小山由宇】

【関連ニュース
鳩山首相:「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向
規制改革分科会:メンバー41人を発表…枝野担当相
首相日々:31日
郵政改革:首相「亀井案基に調整」 仙谷氏ら、なお批判−−きょう閣僚懇
大塚副内閣相:「法人税率引き下げ必要」 国際競争力を強化

学級崩壊リポートつるし上げ「ショックで通院」(読売新聞)
カメラ担いだ村本さんに水平射撃、即死か(読売新聞)
<枝野担当相>「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補(毎日新聞)
歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初−神戸(時事通信)
17日の欠航、18便に=火山灰で欧州線−日航・全日空(時事通信)




咸臨丸 太平洋渡る子孫、太平洋往復150年 7日に出航(毎日新聞)

 江戸幕府の軍艦「咸臨丸(かんりんまる)」(620トン)が1860年、日本の船として初めて太平洋往復を成し遂げてから今年で150年。米サンフランシスコとの間を往復する独立行政法人・航海訓練所の練習帆船「海王丸」(2556トン)に、咸臨丸乗組員の子孫である兵庫県宝塚市武庫川町の無職、正井良治さん(62)が海洋研修生として乗り込む。出航は7日。正井さんは「昔と今の航海の違いを比較したい」と話している。【平井桂月】

 咸臨丸は幕末期の初期軍艦で、3本のマストを持つ木造の蒸気船。1858年に結ばれた日米修好通商条約の批准書を交換するため、幕府の遣米使節団が乗った米軍艦に随伴し、60年2月に浦賀港(神奈川県)を出航、3月にサンフランシスコに到着した。艦長は勝海舟で、福沢諭吉やジョン万次郎も乗っていた。万次郎以外の日本人乗組員90人余の大半は船酔いに苦しみ、技術指導のため乗っていた米国人乗組員の助けを借りた航海だった。

 正井さんの先祖は蒸気方手伝い(現在の機関士)の小杉雅之進(当時18歳)。68年に始まった戊辰戦争では旧幕府軍に参戦。明治維新後は逓信省などで海事行政を担当した。

 正井さんは今年1月、海王丸に乗り込む研修生を募集していると知って応募。研修生12人の一人に選ばれた。勤めていた塗料会社は3月19日に退職した。

 小杉が航海中につづった日記は復路のみしか残っていない。正井さんは「軍艦奉行木村摂津守らの日誌が残っている。咸臨丸の航海は38日、海王丸は30日と短い。季節も船の大きさも違うが、当時と比較して体験したい」と応募の動機を語る。

 明治維新後、咸臨丸は政府に接収され、開拓使の輸送船となったが、その偉業はその後も広く知られた。正井さんは「大政奉還で使節団はないがしろにされてしまった。大事なことを成し遂げたという歴史を知ってほしい」と願う。正井さんは今回の航海中、東京海洋大や神戸大の実習生93人に使節団のことを伝えたいと考えている。

 海王丸は7日、東京・お台場の船の科学館前岸壁を出航。5月5日にサンフランシスコに到着後、150周年記念行事に臨み、ホノルル経由で6月8日に帰国する予定だ。

【関連ニュース
議員控室:民主「無血開城」要求 自民と攻防本格化
龍馬伝:福山雅治主演 「ガリレオ」の福田靖脚本、高精細映像で描く「平成版龍馬」
咸臨丸150年:勝海舟ら乗せ太平洋横断 幕府使節団が米国へ

<動物死骸>犬や猫100匹…ペット葬儀業者が不法投棄か(毎日新聞)
住宅火災死者、6割超が高齢者―消防庁(医療介護CBニュース)
<サントリー音楽賞>09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)
東京湾に接岸中の船から出火(産経新聞)
休憩時間中の医院で盗み=計40件か、容疑で無職男逮捕−警視庁(時事通信)



<教科書検定>アイヌ文化のページ大幅増(毎日新聞)

 30日に検定結果が公表された小学校の社会科教科書で、アイヌ文化を紹介するページが大幅に増えた。「アイヌは先住民族」と認定するよう政府に求める08年の国会決議を受け、教科書会社各社が充実を図った。

 「子供のころ、『アイヌは学校に来るな』といじめられ、アイヌの文化や歴史を教わることはなかった。新しい教科書でアイヌのことをもっと知り、理解してほしい」。北海道千歳市の野本敏江さん(58)は喜ぶ。

 野本さんと夫の久栄さん(59)がボランティアでアイヌ文化を教えている同市立末広小学校は空き教室にアイヌの伝統家屋「チセ」を再現し、年間6〜20時間、学習を続けてきた。久栄さんは「子供の感性に響く教育をしてほしい」と注文を付ける。【千々部一好】

 ◇毎日新聞公募の賛歌合格

  今回の教科書検定で、毎日新聞社の植樹キャンペーンで歌詞を紙上公募して作られた森づくり賛歌「僕にできること」が掲載された小学5年用音楽教科書(教育芸術社刊)が合格した。07年5月に公募し、最優秀作品を原案に、「四季の歌」などの作詞で知られる荒木とよひささんが作詞、「マツケンサンバ2」などを作曲した宮川彬良さんが作曲し、同10月に発表された。

 ソプラノ歌手の雨谷麻世さんが歌うCDも全国で発売。08年6月の秋田県での全国植樹祭でも式典前に雨谷さんが披露した。【山本悟】

【関連ニュース
水と緑の地球環境:命は大自然につながる 「僕にできること」歌う雨谷麻世さん
県不正経理:2副知事更迭 「私の下で担当責任」 重要行事も、引責優先 /神奈川
県警:「地域活動で良好な治安」 佐野本部長が離任会見 /福井
人事:県警が679人異動 初動捜査強化へ、通信指令課を新設 /福井
人事:県警 629人の異動内示 刑事企画・交通規制課など新設 /鳥取

邦人死刑執行、さらに3人=中国政府が通告(時事通信)
勝連半島沖への移設反対=地元市民団体−普天間問題(時事通信)
<与謝野氏>新党結成へ平沼氏と詰めの協議(毎日新聞)
益川塾 京都産業大で初の入塾式 「切磋琢磨を」と激励(毎日新聞)
コンビニ強盗3万円奪う 大阪・淀川(産経新聞)




このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。